弁護士による交通事故の相談センターがあります

交通事故は被害者にも加害者にも大きな影響を与えるできごとです。法律上のトラブルに陥ることも多く、身体面、精神面の両方で、長期間にわたって事故の後遺症に悩まされることも少なくありません。このようなトラブルを避けるためには、法律の専門家である弁護士に相手方との交渉を任せることが有効ですが、普段あまり弁護士になじみの無い人にとっては、法律事務所の扉をたたくのを知躊躇する人も多いでしょう。特に専門家に依頼すると費用が高額になることもあり、なかなかプロに相談できないのが現状です。

そこで弁護士が加入する団体である日弁連では、交通事故に関する無料相談を受け付けるセンターを開設しています。日弁連交通事故センターと呼ばれるこの団体では、全国159か所の設けられた相談コーナーで弁護士による無料相談を受け付けており、国内で起きた自動車事故であれば当事者だけでなく同居の親族のかたも相談できます。この交通事故相談センターでは電話による相談も可能ですが、より具体的に話を進めたいのであれば面接による相談が最適です。その際には交通事故証明書や事故状況が分かる写真やメモ、診断書、治療費の明細書、給与明細など事故前の収入を示すもの、相手方の提出書類など、事故に関係すると思われる書類を持参しておけばスムーズに相談することができます。

居住地周辺の相談センターはホームページから調べることができますが、予約が必要な場合もありますので、事前に電話などで確認しておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です