日本弁護士連合会の交通事故相談センター

交通事故にあった場合、彼我の過失がどれだけあったかという過失割合の認定、ケガの治療費や休業補償、精神的な慰謝料などを含めた損害賠償額の算定などといった、さまざまな問題が発生します。通常であれば、加入している自動車保険を取り扱っている損害保険会社に示談交渉をまかせていればそれだけで問題が解決する場合もありますが、交渉がこじれてしまった場合、損害保険会社では法律の制約により、それ以上の深入りはできなくなってしまいます。そうした場合、法律全般にかかわる専門家としての国家資格をもつ弁護士の助力が必要となってきます。もし身近なところに弁護士がいないという場合には、全国の弁護士によって組織されている日本弁護士連合会、通称で日弁連の交通事故相談センターに相談してみるという手があります。

この交通事故相談センターでは、全国共通ダイヤルを開設していますので、かんたんな相談であれば、このダイヤルを使って直接話しをすることが可能です。また、実際に弁護士と会った上でくわしいアドバイスが得たいという場合については、それぞれの地域ごとの法律相談所がありますので、予約をして相談を受けるといったことも可能になっています。何よりも、制限時間内であれば初回は無料で相談を受け付けてもらえることになっていますので、もし法律上のことがらについて不安を抱えていたり、実際に相手とのトラブルになっているような場合には、この交通事故相談センターを活用するのが適当です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です