交通事故で弁護士を頼むべき場合とは

一般的に、交通事故に遭った場合、弁護士を頼むことは稀です。なぜかというと、事故の当事者同士が任意の自動車保険に加入していれば、保険会社に示談交渉を一任してしまうことが多いからです。しかも、お互いに揉めることを避けたいと考えがちなので、示談交渉が決裂するということもあまりなかったりして、事故当事者同士も早く解決して事故処理を終了したいと考える傾向があるからです。しかし、保険会社の事故担当者同士での示談交渉になると、事故の状況に応じて、一般的な過失割合を慣例的に適用して示談が進むため、過失割合に納得していない場合は、交渉が決裂してしまう可能性があります。

保険会社が提示した過失割合を受け入れたくない場合は、弁護士を依頼して裁判などの手段に訴えて、自分の納得のいく結果を得るしか方法はないのです。交通事故で過失割合が10対0になるのは、追突事故の場合以外にはほとんどないので、例え状況的には自分に責任のない事故であっても、自分が運転していて車が動いている以上は過失割合が0にはならないのです。貰い事故という状況で、自分に非がないにも関わらず、少なからず過失を問われてしまうことには、納得がいかないのは当然でしょう。そこで、なるべく自分に有利な過失割合にするためには、弁護士を依頼して、裁判で自分の過失が少ないことを立証するしかないのです。

このように、交通事故では過失を問われる可能性が多分にあるので、自分を守る意味でも弁護士に依頼できるよう、弁護士特約を付けておくといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です