交通事故後、弁護士に相談することがベスト

誰でも交通事故に遭遇する可能性はあります。免許を取る際にも何度も交通事故を起こさないように勉強したり運転技術さらには、救急救命の訓練をしたことでしょう。しかしながら交通事故に遭った際に、相手方との交渉、保険会社へ請求の手続き、手順については実際に事故に遭ってからでないと知らないことばかりであり、また事務手続きについても学校で教えてくれるものではありません。損害保険会社は、素人である私たちが事故後の事務手続き、慰謝料や治療費の請求について知らないことを良いことに治療費の早期打ち切りや交通事故加害者の不利にならないような条件を提案してくるのです。

そのような状況で私たちは相手の保険会社が提案した金額が妥当なものであるのか、そしてまだ身体の痛みがあるのに保険会社から治療の終了を言い渡された時などそのまま保険会社の言いなりになるしか方法はないのでしょうか。そこで必ずしてほしいことは弁護士に相談することです。弁護士に依頼することはものすごくお金がかかるし、どれくらいお金を支払うのか想像できないことがほとんどでしょう。ここで確認するべきなのは、自分の自動車保険の契約内容です。

ほとんどの自動車保険にはオプションのサービス等で弁護士費用等補償特約があります。その特約を使うことによって弁護士費用を全て保険会社が負担してくれるのです(契約内容によっては上限が異なります)。もし、自分の自動車保険に特約が無かった場合でも、ご家族の自動車保険についている特約を適用できる場合がありますので、家族全員の保険契約内容を確認してみると良いでしょう。特約が使えなかった場合でも諦めてはいけません。

地方自治体や、住んでいる地域の弁護士会主催の無料交通事故相談会も開催されていることがあります。そこで事故後の対応について助言指導を無料でうけることができるのです。ぜひ活用してみると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です