交通事故の被害に遭った場合には弁護士に相談する

交通事故の被害に遭ってしばらくすると加害者が加入している保険会社から連絡が来ます。その際に示談金の提示がなされますが、すんなりとこの示談金額を承諾してしまわないことが重要です。なぜならばこの提示額よりもまだ増額できる余地が有るからです。保険会社が提示してきた示談金額は、保険会社が独自に定めた任意保険基準によって算出されています。

しかし交渉次第では任意保険基準よりも高額な弁護士会基準によって算出された示談金を受け取れる可能性があります。加害者側の保険会社が提示してきた示談金を増額出来ることが分かっても、なかなか自分ひとりだけでは増額されることは難しいです。相手は数多くの交通事故に関する示談交渉を行って来ているプロですので、深い知識を持たずに自分ひとりで交渉することは不利です。そのため弁護士に依頼して保険会社と交渉してもらうことをお薦めします。

弁護士が相手となれば保険会社の対応も違ってきますので、示談金額を増額出来る可能性が一気に高まります。また交通事故の際にこちら側の過失がゼロの時は、保険に加入していても保険会社は、加害者側の保険会社と示談交渉を行ってくれません。金銭的な利害が全く無い案件に関しては保険会社が関与することが出来ないと決められています。その様な場合は全ての示談交渉を自分ひとりで行わなければいけなくなりますので、弁護士に依頼することを想定して加入している自動車保険に弁護士費用特約を付けておくことをお薦めします。

広島の交通事故の示談のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です