遺産相続の基礎知識を解説

遺産相続は、ある人が死亡したときにその人の財産をだれがどれだけ相続するかという問題です。この遺産相続の問題はとても複雑で、よく問題になっています。ここでは簡単に基礎知識を解説します。まず、だれが相続人になれるのかですが、死亡した人の配偶者は必ず相続人になります。

次に子供がいる場合は子供が相続人になります。配分は、配偶者と子供が1対1です。例えば、妻と子供が3人いる場合は、妻が半分、子供3人で残り半分を均等に相続します。子供がいない場合は親が、親もいない場合は兄弟が相続します。

以上が基本的な遺産相続の配分ですが、遺言がある場合はそれに従います。例えば、「愛人にすべての財産を与える」という遺言がある場合は、その通りに相続がなされます。ただし認知症などで判断能力がなくなっていた場合の遺言は無効になる場合があります。この遺言の問題はよく問題になっています。

遺言によって遺産相続の権利を奪われた配偶者や子供が一定の割合で遺産相続の権利を取り戻すことができるのが遺留分です。遺留分は、配偶者と子供の場合、本来の法定相続分の2分の1です。例として、死亡した人の財産が1000万円で、妻と子供2人がいたとします。すると、妻が500万円、子供がそれぞれ250万円ずつ相続します。

しかし、「愛人にすべての財産を与える」という遺言がある場合は、妻が250万円、子供がそれぞれ125万円ずつを遺留分として取り戻せることになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です