遺産相続に関してあらかじめ取り決める

家族がなくなったとき、問題になる事の一つは遺産相続です。家族関係が疎遠であった場合はもちろん、それまで仲良かった家族であっても、財産の取り合いになってしまうことは少なくありません。お金が関係していると、つい利己心が先立ち一円でも多く欲しいという欲が出てきてしまいます。貪欲がきっかけとなり、泥沼劇になることも少なくありません。

そのような事態をさけるために、どんなことができるでしょうか。自分が死んでからのことを先に考えておくことには抵抗があるかもしれません。でももしそうしないなら、残された家族がトラブルに巻き込まれてしまいます。財産をどのように家族に分配するかを前持って決めておくことが大切です。

できれば配偶者と相談することは賢明です。そして決めたことを文書の形にして残しておきます。そうすれば、万が一のことがあっても大きなトラブルになることはありません。親としては残された家族や兄弟が、仲良く助け合って暮らしてほしいと思うものです。

そのためにも前もっと遺産相続のことを取り決めておくことは欠かせません。公平に分配したいと思っても、それぞれに意見があります。たとえば子供が複数いる場合、それぞれ状況がちがいます。ある子供は親の世話をおこなったかもしれません。

でも別の子供はほとんど何もしなかったかもしれません。こうした場合がいちばん複雑です。親にしてみれば、どの子もみな同じく可愛いかもしれません。でも子供同士は違うことがあります。

ですから遺産相続を前もって取り決めることが必要です

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です