家族以外に相続をする時は弁護士に相談をする

相続は、法律で書かれている親族や家族以外に対しては行うことができないのでしょうか。実は、相続は家族以外に対しても行うことができます。この場合には、実際に家族以外の第三者に対して遺産を相続させる意思があることを医師や弁護士の立会いの下にしっかりと証明しなくてはいけません。証明するためには、弁護士に依頼をしてそのための契約書などの物的な書類を準備してもらうことが一番です。

具体的に第三者に対して遺産を継承させるためには、遺贈という手段を利用する必要があります。そして、この遺贈という手段には大きく分けて二つの種類があるのです。一つは、特定遺贈という方法です。特定遺贈を第三者にする時は、亡くなった人が所有していた特定の財産だけを採算者に対して与えることになります。

この場合、権利関係としては元の相続人の方がより有利な権利を持っていることになるため、遺産の中でもごく一部の財産だけを第三者に渡すことが一般的です。そして、もう一つが包括遺贈という方法です。包括遺贈という方法を利用すると、元の遺産を継承する権利を持っている人と同等の権利を得ることが出来るようになるため、対等の話し合いと遺された家族と行うことができます。第三者であっても包括遺贈が法的に認められたときには家族と同等と扱われることになるため、大きな財産を分けてもらうことも出来るのです。

このように、相続は法的に認められれば第三者も実践することが出来ます。実際に行うときには弁護士と相談をして生前から準備を進めておくことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です