弁護士というのは相続相談も受けている

弁護士というのは、要するに色々なことを相談できるのです。何故かといいますと法律行為の代行をすべてできるからです。例えば、行政書士なんかは行政に提出するための書類の代書しかできないのです。司法書士も一部、制限は解除されましたが、あくまで書類書きの代行がメインです。

しかし、弁護士というのは、代理人行為もできますし、まして、裁判の弁護ができる唯一の資格になります。その仕事の一つに相続関係のことがあります。これは税金の相談であることもありますし、或いは登記関係、遺言書の書き方の指導なんかもしているときがあります。とにかく、全般的に相談を受けているのです。

もちろん、それなりにお金がかかってしまうのですが、相続関係というのはかなり揉めることがありますから、素直に手続きの相談しておいたほうがよいです。そうすれば、安心して遺言書を残すことができます。遺言書があったしても、それが書式的に有効なのか、ということがありますし、また、キチンとそれが実行できているのか、というのは自分で確認できないですから、それも普通は依頼します。つまりは、遺言書の開封を依頼しておくわけであり、そうすることがある意味では最も無難です。

弁護士がいれば、余計なトラブルも避けることができますから、依頼する価値は十分にあります。相続にはいくらかの規則がありますから、それをしっかりと守って、上手く実行できるように手を打つべきなのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です