債務整理の流れについて

借金の返済が困難になった場合には債務整理によって返済方法の見直しや借入残高の減額などを行うことも出来ます。任意整理、民事再生、自己破産など債務整理のそれぞれの方法の手続きの流れを確認しておきます。任意整理の手続きの流れは、まず依頼したい司法書士や弁護士に相談に行くことから始まります。借入状況などを相談して手続きについて合意出来たら、いよいよ債権者に対してアプローチして行きます。

受任通知を債権者に送付することによって、借金の取立てをストップします。次に引き直し計算によって借入残高を算出して、分割支払いなどの和解案と共に債権者に提示します。そして債権者の承諾を得て契約を交わせば手続きは完了します。民事再生の手続きの流れは、任意整理と同様に司法書士に依頼して受任通知を送付してもらい取り立てをストップさせます。

次に民事再生の必要書類をもとに裁判所に申し立てを行います。その後数ヶ月間の家計収支表と再生計画案を裁判所に提出します。提出した書類によって審査され、認可されれば手続きが完了して再生計画案通りの返済を行って行きます。自己破産の手続きの流れも同様に受任通知によって取立てをストップさせることから始めます。

次に破産申し立てに必要な書類を準備して、司法書士が申立書を作成して裁判所に提出します。そして免責が確定すると債務が全て免除されます。このように債務整理のどの方法においても手続きは、取立てをストップさせてから必要書類を準備して、債権者と交渉または裁判所に申し立てを行うといった流れになっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です